NEW POST

柵補修



間を見つけては

柵の修繕を2人で行ってます。

約1ヘクタールの柵修繕、、、、眩暈がしそう。

チビオに癒してもらいます↓


a0281547_15501645.jpg


a0281547_15502316.jpg


a0281547_15502969.jpg


1月2日に木から降りれなくなった子猫↑

どうやら納屋で住んでいるようです。



a0281547_15490418.jpg


何気ない写真↑だけれど実はすぐ横は崖。

数メートル下は小川が流れています。

柵の修繕は途方もない。

雪の重みで緩んだところを固定し直していきます。



a0281547_15490937.jpg

杭を追加したり、柵の傾きなど補正。


a0281547_15492334.jpg


春、雪解けとともに

山羊や羊たちが食べ物を探しに外へ。

春の雨が少ない季節は山水の流れる川を渡って隣の牧場に

行ってしまうこともあります。

山羊は急斜面もへっちゃらでスイスイ超えてしまいます。

そんな彼らの行動範囲をしっかり把握して

斜面もチェックし柵の追加も考慮…(;'∀')

柵修繕中は放牧範囲を制限して

牧草地の草が育った頃合いをみて放牧範囲を広げる予定です。


a0281547_15492992.jpg


今年の牧草の生え具合もチェック。

少しずつ、少しずつ緑が増えています。



a0281547_15494518.jpg

それにしても、店舗も牧場も修繕に追われ

時間とお金がどんどん消えていく現状…

「時と金の呪いの森に迷ってしまった」ような錯覚に陥ります(笑)


収入にならないことに時間を費やし

頭がパンクしそうな日々ですが

現状を打破するべく工夫していくしかありません。


森での生活は‥‥甘くないです。


とりあえずは、頭より体を動かすあるのみ。



**********









[PR]
by ilricottaro | 2018-04-03 08:33 | 牧場のこと

 岡山県の北部、蒜山の麓で羊と山羊と家族で暮らしています。羊や山羊を放牧し、春から秋にかけてミルクを搾りリコッタを中心に作っています。家族や動物達との暮らし、また自然の中での出来事、日常のひとこまを綴っていきたいと思います。


by ilricottaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31