NEW POST

自然というお手本

a0281547_14492283.jpg


県境の、それも蒜山の端っこの森での暮らしで、常に感じるのは
「時間がかる」「思い通りにはならない」「予測不可能」「やることだらけ」「過酷」「何でもお金がかかる」
これらのことには全て、「今まで以上に」「さらに」が加わります。

町で暮らしていた時はある程度自分の時間やリズムをコントロールできていましたが、自然に近い森を拓いたここでの暮らしは、常に自分の様々な「限界」を振り切っていました。

今年から、今とこれからの暮らしに必要なことを全て書き出し、それらに要する時間、日月数の年間計画を立てることをしています。しかし、やらなくては困ることに追われ、頭はパンク・・・私のキャパオーバーで一つ一つをとても楽しむ余裕は持てません。

性急に事をなしたことに自分たちは追いつかないようです。
自然界と同じで、「小さなこと」を「ゆっくり時間をかけて」以外は出来ないのでした。以前のように、町で暮らしているのではなく、自然に近い森で暮らしている。だから自然の法則に従って、たくさん時間を要するやり方でしか、出来ないのだという所でやっと腑に落ちることが出来ました。

まだまだ心に「焦り」や「不安」や「期限」が存在します。しかし、「何日間でしよう」と思っていたことを「○○年かけてしよう」と思うほうが、ここでの暮らしではフィットするように思います。これまで時間にしばられ、早急に出来そうにないことには優先順位をつけ、後回しにしてしまっていた事が、結局は後にする時間がなく手がつけられなかったりしました。時間がないと言ってやらなければ当然出来てはいないけれど、一日10分でもやり続ければ、数年後には「出来ている」はず。ゆっくりと、とは怠けることではなく、動き続けられるようにする秘訣なのかもしれないです。周りの状況にも合わせやすいように思います。

「時間がかる」「思い通りにはならない」「予測不可能」「やることだらけ」「過酷」「何でもお金がかかる」

これらは当たり前。

早急にしようと思うからお金がかかり、予定でいっぱいになり、予測不可能なことにも対処が追い付かず、何事も思った以上に成せてない状態に陥ってしまう。

これからは、そんな状況にとらわれず、目先の達成感にとらわれず、小さなことを最後まで終わらせることは忘れずに、時間のかかることには無理をせず、たくさん時間をかけて変化を楽しんでいけるようにしたいです。


a0281547_14384641.jpg

「自然」というお手本はいつも手の前に・・・






**********

[PR]
by ilricottaro | 2018-03-16 12:05 | 蒜山暮らし

 岡山県の北部、蒜山の麓で羊と山羊と家族で暮らしています。羊や山羊を放牧し、春から秋にかけてミルクを搾りリコッタを中心に作っています。家族や動物達との暮らし、また自然の中での出来事、日常のひとこまを綴っていきたいと思います。


by ilricottaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30