NEW POST

RICOTTA



「リコッタ」と言えば、何が思い浮かびますか?

パンケーキ?


a0281547_11282838.jpg


しかし…当店のリコッタは

パンケーキにしても、もちろん美味しいですが

ちょっと作るのが難しいかもしません。

高水分でやわらかいのも要因のひとつ。

「リコッタ」はイタリアの場所場所で、北の方と南の方とでも

固さや塩の強さも異なります。

日本の工房では

職人の好みや技術が、かなりリコッタに表れていると思います。

リコッターロでは保存性は二の次、その場で美味しく食べられるように

ジューシーでミルキーなリコッタを作っているのです。


もともとはイタリアの南部

シチリアやカラブリア、バジリカータなどで親しまれていて

イタリア北部にも広まったそうです。

前菜や、パスタにしたり

伝統的なお菓子にもリコッタは何にでも使われています。



a0281547_15091624.jpg



当店は水分多めのやわらかいリコッタ

そして塩気もあります。

酸添加せずに

伝統的なシチリア製法で

ミルクの持つ菌と自然の塩と火の力だけで作ります。

大きなお鍋いっぱいにリコッタを作りますが

リコッタになるのは上部に浮いて塊になったもののみ。




a0281547_15100588.jpg


パンケーキにするには

カッテージチーズに近い固めのリコッタが作りやすいかと思います。

上記の様なリコッタは酸添加されているものであったりします。

現代ではリコッタの製法もミルクの成分を調整加工されて作られていたり様々です。



a0281547_15295580.jpg

そして

日本ではチーズに分類されている「リコッタ」ですが

イタリアでは「チーズ」ではありません。


温かい出来立てのリコッタは

『リコッタ カールダ』
と呼ばれ
シチリアの人々のソウルフードのひとつです。

リコッターロでも

出来立ての熱々リコッタに田舎パンを浸して食べることがあります。

お店に並んでいるリコッタとはひと違う

スープの様な、じんわり沁みる温かな味。


もしも、お店で出来立てのリコッタに遭遇した方は

召し上がって頂けるかもしれませんね!





*************



[PR]
by ilricottaro | 2018-01-13 15:42 | 生産物

 岡山県の北部、蒜山の麓で羊と山羊と家族で暮らしています。羊や山羊を放牧し、春から秋にかけてミルクを搾りリコッタを中心に作っています。家族や動物達との暮らし、また自然の中での出来事、日常のひとこまを綴っていきたいと思います。


by ilricottaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31